老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】

見えにくくなる2つの原因

目

眼科や薬剤師に早期に相談

多くの方が区別できていない目の症状があります。それが遠視と老眼。いずれも近くのものが見えにくい症状が出てしまうため、区別がしにくいものです。しかし、遠視と老眼とでは、原因が異なります。最近近くのものが見えにくいとお感じの方は、遠視なのか老眼なのかをまずは知りましょう。遠視とは、網膜の後方でピントが合う症状を指します。屈折異常のために、近くのものを見ると上手くピントを調整できません。それに対し老眼は、加齢による調整異常です。水晶体の弾力性が低下することで起こり、近くのものを見る時にピントが合わなくなります。老眼の自覚症状は、40歳を過ぎた頃から感じ始めます。しかし、水晶体の弾力性は、15歳頃から低下しています。誰もが避けて通れないため、上手く老眼と付き合うことが重要です。遠視にしろ老眼にしろ、眼鏡やコンタクトレンズで矯正できます。また、老眼の場合には、目の血行を促進することで、症状が和らぎます。いずれも放置していると頭痛や肩こり、吐き気を引き起こすため、眼科や薬剤師に相談しましょう。目の運動の仕方を教えてくれるほか、目に良いとされるサプリメントなどを紹介してくれます。老眼は60歳頃まで症状が進行していくため、進行をゆっくりと抑えることが快適な生活に欠かせません。老眼鏡を使用すると進行が早まると思われている方が多いのですが、それは間違いです。逆に体全身に悪影響が及ぶため、症状を少しでも感じた場合には1日も早い対策を取りましょう。

目の老化を防ごう

女性

老化現象は誰しも避けられないものでありますが、老化現象の一つである老眼の症状の進行は食材によっては遅らせることも可能です。その食材とはブルーベリーと水素水です。ブルーベリーには目に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれ、水素水は細胞を錆び付かせる活性酸素を除去する作用を持ちます。

詳しく見る

若くてもなってしまうもの

ウーマン

本や新聞などに書かれている文字が見えにくいと感じたり、ピントが合わせにくいと感じるというのは老眼の症状か出てきています。50代や60代の方がなると思われていますが、スマートフォンやパソコンを長時間使用し目が疲れてしまうことで20代や30代の方もなることがあります。

詳しく見る

体操とサプリで改善

医師

40歳を過ぎると老眼の症状が出てきます。その原因は水晶体が硬くなりピント調節がうまく働かなくなるのです。歳だから仕方がないとあきらめるのはまだ早く、老眼鏡をかける以外でも目の体操と栄養で老眼の症状を遅らせることもできます。

詳しく見る

目の老化が原因

メガネ

近くの物が見えにくいという症状が現れる老眼は、水晶体と毛様体筋という水晶体の周りにある筋肉の老化が原因で起こります。この2つが老化で機能が衰えることで、ピント調節機能が上手く行われずに、近くの物が見えにくくなるのです。

詳しく見る

進行を遅らせるには

女性

老眼は老化によって毛様体筋という筋肉の働きが、弱まることも1つの要因です。65歳程度まで症状は進行するので、できるだけ進まないよう対策しましょう。おすすめなのは目を閉じて開ける、眼球を1周回すといった簡単な運動です。

詳しく見る

Copyright© 2018 老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】 All Rights Reserved.