老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】

体操とサプリで改善

医師

水晶体が硬くなるのが原因

40歳を過ぎると老眼の症状が出るとよく言われていますが、そもそも老眼とは何なのかと理解していない人も多いのではないでしょうか。老眼の症状は一般的には近くのものが見えづらくなり、新聞などを見るとき目からの距離をはなすことによってピントが合いその行動があれば自覚するようになります。これは目のレンズの役割をしている水晶体が硬く弾力性が無くなり遠くを見るときは水晶体が薄く、近くを見るときは厚くなることが理由です。40歳を過ぎると厚くする機能が衰えピントと調節がうまくできず、近くのものが見えづらくなります。水晶体を支える毛様体筋の衰えもあり光が入ってきたときに毛様体筋が収縮することで水晶体の厚みが変化し網膜でのピント調節をしていいるのですが、これがうまく行うことができなくなります。老眼の症状が出ても仕方がないことだとあきらめそのまま放置しているのはあまりいいことではなく、眼精疲労、頭痛、肩こりなど不快な症状の原因となることもあります。適切なメガネをかけることが主な対処法ですが、老眼を改善することができるいくつかの方法もあるのです。ピント調節機能を回復させる方法があり、指先を見つめゆっくり遠ざけたり近づけたりを繰り返す、目玉を上下左右動かし、そしてゆっくり大きく回す方法です。目に良いサプリメントもありアントシアニンが豊富なブルーベリーやビルベリー、ピント調節機能に働くルテインなど含有量が多く信頼できるものを選ぶといいでしょう。

Copyright© 2018 老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】 All Rights Reserved.