老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】

若くてもなってしまうもの

ウーマン

目の使いすぎに注意

遠くのものはよく見えていても、本や新聞などに書かれている文字が見えにくいと感じてしまったり、ピントが合わせにくいと感じることが増えてくるという症状は老眼の症状です。老眼は50代や60代の方がなるものだと思っている方は多くいますが、40代ぐらいから症状が出始めてくるのが一般的で、早い方は自分で見えにくいという症状を感じなくても老眼が始まることかあります。また、最近ではスマートフォンやパソコンを使う機会が多くなって来ているので、20代でもスマホ老眼と言われる老眼の症状が出てしまうことがあります。20代や30代の方がスマホ老眼になってしまうのは、スマートフォンやパソコンの画面は早い動きをします。その動きに目は一生懸命ついていこうとしますが、その時目のピントを合わせるために使われる筋肉がすごく使われます。そして、この動きが長く続いてしまうと目のピントを合わせるために使われる筋肉が疲れてしまい、ピントを合わせにくくなり、その結果近くのものが見えにくくなり、老眼の症状が現れるようになります。20代や30代のうちに現れる症状はスマートフォンやパソコンを長時間見ることによって起こるものなので、スマートフォンやパソコンを見たり使ったりする時間を減らすことによって改善されるようになります。また、仕事なのでパソコンを長時間使用しなければならない時は1時間使用したら15分は休憩するなどして目を休める時間を取ることがとても大切です。

Copyright© 2018 老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】 All Rights Reserved.