老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】

目の老化が原因

メガネ

水晶体と筋肉の老化

近くの物が見えにくくなるという症状が起こる「老眼」は、目の老化が原因と言われており、40歳以降になると症状を感じる人が男性・女性共に増え始めます。人の目は物を見る時に目の中にある「水晶体」という組織の厚さを調節し、遠くにある物・近くにある物にピントを合わせるという作用があります。遠くの物を見るという場合には水晶体を薄くし、逆に近くにある物を見る時には水晶体を膨らませて厚くして、ピントを調節するという仕組みが備わっているのです。若い頃は水晶体を薄くしたり、厚くしたりする機能に問題はありませんが、年齢を重ねると水晶体自体が老化で硬くなってしまいます。すると、柔軟性が失われてしまうため、近くにある物を見る時に水晶体が上手く厚くならず、ピントが合わずにぼやけたり見にくく感じる症状が現れるのです。また老眼は水晶体の老化だけでなく、水晶体の周囲にある毛様体筋という筋肉が、加齢によって老化することでも起こります。毛様体筋が緩むと水晶体が薄くなり、遠くの物にピンとを合わせることができ、逆に近くの物を見る場合には毛様体筋が縮み、水晶体を厚くすることが可能です。年齢を重ねると足や腕といった筋肉が衰えるのと同様、水晶体の周りにある毛様体筋も老化で衰えてしまいます。すると、水晶体を縮める働きが弱くなってしまう症状が起こり、近くを見る時に水晶体を厚くすることが難しくなるため、ピントが合わずに老眼となるのです。目の老化が原因で引き起こされる老眼ですが、40歳以降になると誰でも同じような症状が現れるという訳ではありません。肌や身体の老化と同じように水晶体や、毛様体筋の老化のスピードも個人差があり、同じ40歳でも症状を感じる人もれば、全く問題ないという人もいるようです。

Copyright© 2018 老眼の症状からみる注意点【目のトラブルは眼科や薬剤師に相談】 All Rights Reserved.